Return to site

柔らかいマーケティングの論理

 昨日、日経ビジネススクールで「マーケティングフレームワーク」のワークショップを行った。フレームワークとは先人たちが培った英知を凝縮した基本型で、これに即して考えれば、ゼロベースで考えるよりも効率的にビジネスプランのイメージが浮かんでくる、大変便利な「考具」だ。

 とはいえ「型にはまる」という言葉があるように、柔軟に使いこなせないとがんじがらめになる。本に書いてあることがそのままビジネスに使えたためしがないように、ビジネスのエッセンスを理解し、それをどう柔らかく適応して、ビジネスプランの精度を高めていくことが肝心だ。

 広告代理店に入社した頃、マーケティング部にいた先輩に紹介してもらった本に慶応義塾の嶋口先生の『柔らかいマーケティングの論理』(ダイヤモンド社)がある。改めて、このタイトルの素晴らしさに感動する。そう、考具は柔らかいのだ。だから、マーケティングも柔らかいし、柔らかく考えないといけない。ただ、柔らかく使えるようになるまでにトレーニングが必要だ。そのコツをワークショップでは参加者の前で実演しながらリアリティを持って伝えていきたい。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly